データで考える!先物取引が日本で浸透しない理由

何故か認知が低い先物取引

先物取引とはどんなものでしょう

世界初の先物取引は実は日本でした。 時代は江戸時代、場所は大阪でした。 昔は大きく経済の発展に貢献もした先物取引ですが、年々日本においては知らない人も多い、あまり人気のない投資であるとも言われていますが投資家が少なくなったのにはどの様な理由があるのでしょうか。

先物取引と株やFXの違い

株やFXと先物取引には共通点もありますが違いもあります。 株は100万円のものを取引する場合100万円が必要ですが、先物取引やFXは100万円の商品であっても実際は5万円だったりそれ以下のお金で取引が可能です。 つまり持っていないお金で高額取引が出来てしまうのです。

発祥の地は日本

日本初、世界初の堂島米市場は米の先物市場です。
意外に思われる人も多いですが、この取引所の発生に大変興味を持って経済学的観点から研究している海外の学者もいます。
この市場が出来たことで取引所や、ルールなどのシステムが構築されていきました。
当時は鎖国時代だったので海外からの影響ではなく必要が生んだ発生だったと言われています。
当時は米を売買するという事がなかったので武士の発案から商人が売買を始め市場に発展していった経緯です。
この市場によって米は地域に行きわたり、商人は儲け、経済は活性化されてきました。
先物取引は対象の物の将来的価格を想定して購入しますから買う方からしたら絶対将来価格が上がるであろうと思う商品を今買う、上がってから売る、差額利益を得るものです。
先物取引は世界的に通用する原油やダイヤモンド、プラチナやゴムといった現物そのものになります。
将来金が必ず値上がりすると考えて金の先物取引をするのですが、金やプラチナ、原油などはその時々の社会情勢によってかなりの変動があります。
また取引の中には前述の米市場のように穀類もあります。
穀物の場合は天候によっても左右されます。
世界の動きに敏感で、政治や経済に精通していたとしても予測は難しいと想像できます。
安定性が期待できる金などに関しては定着した人気がありますが、この先物取引は日本においては年々衰退していると言われています。
衰退の理由や経緯をデーターから解析してみたいと思います。

先物取引の未来

衰退してきていると言われる先物取引に今後の未来はどの様に予測されるのでしょう。 経済の発展に繋がる役割が現在の先物取引にはあるのでしょうか。 危険と言われる先物取引ですが、最初から多額な取引を避け、賢い理性的な取引を継続している人もいるようです。

TOPへ戻る